マラカナンスタジアム


 いろんなイベントが行われているスタジアム


2014年 ブラジルW杯 



ブラジル代表はドイツに7vs1という歴史的大敗という残念な結果でした。

何試合かの予選リーグや決勝戦はアルゼンチン対ドイツの試合が行われました。

W杯はドイツの優勝で幕を閉じました。


2016年 リオ・オリンピック 開会式・閉会式



閉会式では安倍首相もマリオの格好で現れマラカナンスタジアムへ訪れています。

リオオリンピックのサッカー決勝も行われています。

この時はブラジル代表が優勝でした。

その他にもコパアメリカ等々様々なイベントが行われています。


 日本人宿カイピリーニャからスタジアムへの行き方



地下鉄で行くのがベスト



宿から徒歩1分


地下鉄Cardeal Arcoverde」駅 から




緑色の路線  linha 2 (2番線)に乗って



Maracanã」駅 まで


 12駅 約20分



宿を出て約30分あればつくことができます。


地下鉄の駅をおりてすぐ目の前にスタジアムがあります。


*試合観戦等で帰りが夜遅くなっても、地下鉄の駅から宿まではすぐなので、駅からタクシー代等かかることもないですし、安全に帰ってくることができます。



 マラカナンスタジアムできること



サッカー観戦



ブラジルではほぼ一年中サッカーの試合をしています。


リオデジャネイロには有名なチームがいくつもあり、その試合もマラカナンで行われます。



フラメンゴ、ヴァスコダガマ、ボタフォゴ、フルミネンセなどのクラシコの試合は特にサポーターも多く盛り上がります。



スタジアムツアー


ツアーへ行った時のものを動画にまとめてみました。
詳細がわかると思います。

リオ情報を色々配信して行きますので、評価、チャンネル登録もよろしくお願いします。

<開館時間>     9:00 - 16:30


    <入場料>     (2019.5.15現在)   大人 (英語ガイドなし) 55レアル  大人 (英語ガイドあり) 65レアル
*ガイドありの場合は時間が9時から16時まで1時間ごとにツアーあります。


国内リーグなどの試合がない日には、マラカナンスタジアムへ入ることができるスタジアムツアーも行われています。

有名な選手たちの足跡が置いてあったり、ロッカールーム、ベンチに入ることもできます。


<Maracana tour オフシャルサイト>

https://www.tourmaracana.com.br/

英語、ポルトガル語、スペイン語ページあり。
当日の開催時間、ツアーの開催の可否の情報が書かれています。
スタジアムツアーチケットの事前購入もできますが、当日チケット売り場でも購入可能です。



健康・美容に良い!アサイーの効能・効果!



最近近所のアサイー屋さんでよくアサイを食べているのですが、旅行者の女性やブラジル人が健康に良いと言っているので「アサイーがどんなものなのか。」をインターネットで調べ、自分なりにまとめてみました。


 アサイーとは??

アサイーは、ブラジルの植物で、アマゾン原産のヤシ科の植物です。
熱帯雨林の厳しい環境の中で約1年かけて育ちます。

アサイーは豊富な栄養価が特徴で、必須脂肪酸、アミノ酸食物繊維ビタミンAビタミンEポリフェノール鉄分、リン、マグネシウム亜鉛などが豊富に、バランスよく配合されています。

これら豊富な栄養価と優れた効能から、アスリートや健康志向の人々にも親しまれ、
「ミラクルフルーツ」「奇跡のフルーツ」などとも呼ばれています。

ブルーベリーの仲間ではありません


アサイーの実は、見た目はブルーベリーに似ているのでベリー類の仲間という印象がありますが、実は全く関係がなく名前の通りヤシ科の仲間です。


実や種の輸入は禁止されている

アサイーの実は固く、食べられる部分はわずか5%しかありません。
アサイーは、種の輸出が禁止されているため、国内でも栽培することができず、
生の果実や種を購入する場合、現地ブラジルに行く必要があります。


 アサイーの栄養素・効果


「ミラクルフルーツ」「奇跡のフルーツ」と呼ばれる由縁 
  • 鉄分はレバーの約5倍
  • ポリフェノールは赤ワインの約20倍
  • 食物繊維はごぼうの約3倍
  • カルシウムは牛乳の約2倍
  • ビタミンCはレモンの約3倍
  • リンはバナナの約4倍

アサイーは栄養価の高い食品ですが、特に多いのがポリフェノール類の含有量です。ポリフェノールの一種、アントシアニンが他の野菜・果実と比較して多く含まれています。

様々なデータが存在しますが、ポリフェノールの総含有量は、

アサイー  100gあたり4000mg〜4500mg
ブルーベリー100gあたり300mg
ワイン         100gあたり230mg

非常に多くのポリフェノールが含まれているのが分かります。

 目に良い効果がある


アサイに多く含まれているアントシアニン。

アントシアニンは目に良い効果が期待される成分です。
《アントシアニンの効果》
目の網膜にある紫の色素「ロドプシン」に光が当たって脳に信号が送られることによって「見える」と認識されます。光が当たるたびにロドプシンはビタミンAに分解され、再びロドプシンに再合成されます。目を酷使し、この再合成が追いつかなくなると、目がしょぼしょぼしたり、チカチカしたり、目の疲れを感じるようになるのです。
そこで、このロドプシンの再合成をスムーズにする働きをサポートするのが「アントシアニン」です。 アントシアニンを摂る事で、ロドプシンの再合成が活発になり、目の疲れ防止となるのです。

そのアントシアニンの量がアサイベリーにはブルーベリーの約5倍も含まれています。


 生活習慣病予防、貧血改善、疲労回復に良い

また造血のビタミンといわれる葉酸も含んでおり、貧血防止にもなるため女性に嬉しい果物でもあります。ダイエット中などの栄養バランスをサポートします。
アサイーには鉄分が多く、疲労回復にとても有効です。
また造血のビタミンといわれる葉酸も含んでおり、貧血防止にもなるため女性に嬉しい果物でもあります。貧血になりがちな女性や運動している人、アスリートにもオススメの果物です。

 美肌効果



身体のサビとも言われ、老化の原因でもある「活性酸素」。

その活性酸素を抑える効果がポリフェノールにはあります。
ポリフェノールを摂る事で若々しい身体つくりをサポートします。

そんなアンチエイジング成分であるポリフェノールがアサイベリーには 赤ワインの約30倍も入っているので、美容が気になるモデルさんや 芸能人などにもアサイーべりーは人気なのも納得です。

 アサイーを食べるならハワイじゃなく原産地ブラジル


 とにかく安い


ハワイのお店のアサイーで7〜10ドル(1000円程度)で食べられるアサイーですが


ブラジルのお店であれば10レアル(300円程度)で食べることができます。


約3分の1の値段で食べることができます。


ブラジルに来たら食べるべし!!


次は

リオデジャネイロのおすすめのアサイー屋さん

ブログを書きますね。楽しみにしていてください。

Tchau!!